スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
6次化研修 & 田舎暮らしセミナー告知
2014/02/07(Fri)
ご存知の方おられますでしょうか 
ふるさと起業塾(NPOふるさと回帰支援センター)による
6次化起業支援研修
が行われた事を。

その名の通り起業家を志す人を支援するという研修が行われたのです、全国5ブロックで。

そして近畿ブロックの開催場所が
この和歌山古座川にあるふるさと定住センターだったのです。

1月19日~21日 2泊3日
2月1日~2月3日 2泊3日
というスケジュールで全国各地から近畿ブロックの研修を選んだ方たちが集結、
古座川に泊まり込んでの研修会となりました。

140205A01.jpg
↑先輩起業家の陶芸家の先生の工房にお邪魔して
起業についての実体験を教わるというような授業もありました。

各々自分の企業プランをプレゼンしあったり
最終的には事業プラン・収支計画書作成して講師先生の添削を受けるという
そういう合宿でした

おしらせ


大阪で和歌山の田舎暮らしセミナーを開催します。
2月8日土曜日です。
午後2時から4時
場所は「シティプラザ大阪」の四階です。

今回は和歌山移住先人気No1の「日高川町」と
我々定住センターの地元「古座川町」の
2町が町と移住定住受け入れについての紹介をしてくれます。
田舎暮らし検討中の方、一度最初の入り口としてセミナーにご参加してみてください。

われわれ定住センターも当日参加してセンターの研修受け入れ態勢などと、そこから移住にどう繋げていくかというような実際の例などあげてご説明させていただきますので、お気軽に覗きに来てみてください。




140205A02.jpg 

↓↓↓↓↓↓↓ こっちも見てね


Twitter ←田舎暮らし応援権わかやま推進会議のツイッター

↓↓↓↓↓↓↓ランキング参加しています。ポチッとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 研修 | CM(0) | ▲ top
報告-大豆の脱穀体験-田舎暮らしサポート研修
2013/12/06(Fri)
6月に種をまいて育て、10月末に収穫し乾かしておいた「だいず」を、ついにみんなに脱穀してもらいます。
サヤに入っている豆を取り出す作業です。

131126A01.jpg 131126A02.jpg
足踏み脱穀機を使って大豆のサヤを弾けさせて中身を出します。
機械が1台しかないので他の人には棒で大豆のサヤを叩いて中身を取り出してもらいます。

取り出した豆をかき集めると、大豆のクズなど豆とゴミが一緒に混ざっているのでそれを分別します。
そこで活躍するのが唐箕(とうみ)という機械、大豆を入れるとゴミを取り除いて豆だけ抽出してくれます。
(というほど簡単ではないです・・・実際やると)

131126B02.jpg 131126B01.jpg
大豆博士のチェックが入り、栽培面積に対する収量は合格だという事でした。
(味の方はまだ定かではない・・・)

さあ、次はこの大豆を原料にみそ作り体験研修を開催予定です。
年が明けてからの話ですね。



おまけ 近辺状況
131126Z01.jpg 131126Z02.jpg 
・11月のすさみのコスモス
・12月の古座川の大イチョウ
 

↓↓↓↓↓↓↓ こっちも見てね


Twitter ←田舎暮らし応援権わかやま推進会議のツイッター

↓↓↓↓↓↓↓ランキング参加しています。ポチッとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
この記事のURL | 研修 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お知らせ「わかやま田舎暮らしセミナーin大阪」10月19日(土)
2013/10/16(Wed)
また近付いてきましたセミナーの開催の日が
わかやま田舎暮らしセミナーin大阪

今回は那智勝浦町紀美野町の紹介です。

そして場所は当然いつものところ
大阪のシティプラザ大阪です(地下鉄堺筋本町駅近く)

詳細はこちら

田舎暮らし応援県わかやま

われわれも行って相談受付などしますので
田舎暮らしを考えようという方、まず話を聞きに来るところから始めてください、どうぞお待ちしております。

夏もいつのまにやら過去になり定住センターでは畑の作物も様変わりしつつあります。
131016A01.jpg 
去年はイノシシにボロボロに荒らされたサツマイモも、今年はなんとかイノシシから攻撃を受けずにすくすく育ち今のところ収穫したイモは立派になっています。これから徐々に収穫していきます。
ほかのイモよりはるかに美味しいという「べにはるか」という品種です。
定住センター一押しのサツマイモでまだあまり近辺ではそんなに数は売っていません。
それはもうあの有名な安納芋よりおいしく、ナンタンみつ××なんかめじゃない・・・・
とか・・・あまり大きな声では言えない。
131016A02.jpg 
そして去年の冬には食べた人たちには大好評だった定住センターのイチゴ
今年も植えてしまいました。去年のイチゴから苗を取っておいて大事に今年まで育てておいたのです。
めちゃめちゃ手間がかかるのでセンター内ではひんしゅくもんです。

田舎暮らしでいちご作りたいという方には作り方の指導はいたしますが、これで生計立てたいとかいう人にはやめておけ!という指導をするでしょう・・・・きっと。
131016A03.jpg 
みんなで種蒔きをしたそばは花を咲かせました。
なんとか収穫までして年明けにはソバ打ち体験研修をしたいですね。



↓↓↓↓↓↓↓ こっちも見てね
JOINブログ 

Twitter ←田舎暮らし応援権わかやま推進会議のツイッター

↓↓↓↓↓↓↓ランキング参加しています。ポチッとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
この記事のURL | 研修 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第8回田舎暮らしサポート研修-報告
2013/07/25(Thu)
いろいろなメニューで開催していますサポート研修ですが
今回は定住センターのある古座川町の隣町、串本町の大島にある航空自衛隊の基地を初めて見学に行ってみました。
串本の町から海を挟んだ対面の島が「大島」、その島に大きな球体がいつも見えている。
そのあたりが航空自衛隊串本分屯基地です。

地元に住んでいながらみなさん普段あまり縁のない公共施設を知っておいてもらおうと
今までも地域にある施設をいくつか見学させてもらってはいますが
今回は事前予約制でしかも参加者は全員住所とか本籍とか個人情報を前もって提出するという
今までにない厳しいチェック。 ホントに中に入れてもらえるんでしょうか
キンチョーする~

 130723A02.jpg
ゲートで車を止められ、そこから入ると基地敷地内。

130723A03.jpg 130723A04.jpg
到着してまずは今回の体験の一環で、自衛隊の食事を味わう。
(そのために今回の集合時間は正午前でした) 
事前に自衛隊のカレーが美味しいという噂を聞きカレー食べる気満々だったのですがこの日はカレーじゃなかった・・・
しかし美味しい。
自衛隊の隊員が作っているという事です。
 
130723B01.jpg 130723B02.jpg 
腹ごしらえの後は体育館で自衛隊組織と串本の基地について説明をしていただき
その後実際に基地内を案内していただく。
 
130723C01.jpg 130723C02.jpg 
いつも遠くに見える丸い物体はレーダーのカバーだったんですね。
さらに誘導されて地下秘密基地らしき内部に潜入・・・

中では暗い狭いところに機械、モニターがあって隊員達がレーダーで監視している。
モニターには日本周辺の多数の飛行機が映っている・・・こんないっぱい飛んでんの?という数。
 
本州最南端で自国の領域に外国の飛行機が無断で入ってくるのを見張っているところですね。
しかし暗くて狭いところでお仕事してるんですね。

そんな事より・・・全然基地の写真が撮れない!

続いて丸いレーダーの建物内部に案内、そこも機械がいっぱい。
でも撮影禁止。
ここのレーダーは旧式だそうで、それも全国で一番古い三つのうちの一つらしい。
内部に案内されると壁にいっぱい工具がかけられ並んでいる。
今の新型の機器はこんな工具使わないんです、と言っていました・・・
全国順次各基地のレーダーも新型に置き換わっていってるそうです。

130723D01.jpg
あとは遠く離れた他の基地との通信に使うでかいアンテナが立ってたり、消防車があったり、
 地域の祭りなんかには隊員がひっぱりだこで、過疎の串本では自衛隊員がいないと祭りも人手不足で成り立たないらしい。

他は定住センターといっしょで敷地内の草刈りもやってると・・・
あまり写真が撮れませんでしたが見学はOKという事で
我々の前にも地元の子供達が見学に来たそうです。


セミナーのお知らせ

8月3日(土)
大阪でわかやま田舎暮らしセミナーを開催します。
場所はいつものシティプラザ大阪です。
今回は古座川町のお隣、和歌山最大面積を誇る田辺市(たなべ)の紹介があります。
もともと県内No.2、No.3、No4ぐらいの大きな面積だった大塔村龍神村、そして
熊野古道の中辺路町本宮町も一緒に合併しただけあって特別広大で地域も多様な田辺市です。

クリック

詳細

もう一つお知らせ

8月3日(土)
古座川町のお隣、那智勝浦町高津気(こうづけ)地区の竹灯りの会による
「夕涼み」のイベントが開催されます。
夏と大晦日に竹灯篭のイベントを開いていましたが昨年末はとうとう開催されませんでした。
しかしこの夏はやるようです。
去年の様子 


竹灯りの会

詳細


↓↓↓↓↓↓↓ こっちも見てね
JOINブログ 

Twitter ←田舎暮らし応援権わかやま推進会議のツイッター

↓↓↓↓↓↓↓ランキング参加しています。ポチッとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
この記事のURL | 研修 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
報告-第4回田舎暮らしサポート研修
2013/06/06(Thu)
今回の田舎暮らしサポート研修は海岸散策

和歌山県は「世界ジオパーク」の認定を目指しているという。 
 130528A02.jpg
・・・という事もあり、前回に続いて自分たちの住んでいる地域の自然について知っておこうと、今回は地質について楽しんで勉強してもらう機会を持ってもらいました。
場所は潮岬の観光タワーの駐車場に集合、日本地質学会会員の後先生に講師に来ていただきました。

130528B01.jpg 130528B03.jpg
後ろ先生に引き連れられて、近くの海に降りて行きます。
潮岬の灯台の見える海岸に到着すると、ここが石を観察するのに良い場所なんだとか。
 
 130528B02.jpg 130528B04.jpg
足元を見てみると色の違う石がたくさん転がっている。
先生の指示でみんなでいろんな石を拾い集め、さらにハンマーでたたき割ってみる。
石の表面は長い年月の間に劣化してしまっているが、中は新品のまま残っているのでそこを見るために割って断面を見るんだそうです。
さらに岩も色違いの模様がはっきり見える。
マグマが冷え固まった層を後の時代にまた地下から別のマグマが突き破り、さらにまた後世に別のマグマが突き破り・・・
という繰り返しで、岩と岩の間に別の色の岩が挟まったような格好になって現代に残っているらしい。
どっちが先の時代のものか、どっちが後から出てきたモノか、みんなで整理しながら岩の観察をやってみたのでした。

130528C01.jpg 130528C03.jpg 130528C02.jpg
現場はけっこう楽しい?けわしい岩登りもあり、近場で地球の歴史を観察できる隠れスポットでした。

釣り場としてもいいらしい・・・

次回のサポート研修告知

第5回田舎暮らしサポート研修は
大豆のお勉強と大豆の種まきをやります。

6月11日(火)
午後1時30分~

定住センターでは毎年冬にみそ作りの研修を行っていますが
今年度はみんなで大豆を育ててその豆でみそ作りをやろうという計画です。

しかも大豆研修の講師は
いつもサポート研修を楽しみに参加していただいている、古座川にお住いのIターン者の中野さん。
研修の案内が来ないと寂しいんです、とか言ってほぼ皆勤で参加されている方ですが、
今回は講師をやっていただきます。
中野さんは現役時代は大豆の研究者で、大豆に関しては超クワシイはず・・・

↓↓↓↓↓↓↓ こっちも見てね
JOINブログ 

Twitter ←田舎暮らし応援権わかやま推進会議のツイッター

↓↓↓↓↓↓↓ランキング参加しています。ポチッとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
この記事のURL | 研修 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。