スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
コードネーム 696 の男 -古座川で-
2013/01/28(Mon)
前回までの696さん

※696さんファン以外は読むのがメンドクセー
 というような長い文章ですが
 おつきあいください。
 (はたして696さんファンが全国にどれぐらいいるのか・・・)


車に696さんを乗せ定住センターを出発し、まずは小川(こがわ)方面へ向かってみます。
古座川町はその名の通り「古座川(こざがわ)」という川の流域に人々が暮らしていて、山に囲まれ海に面していない町です。
古座川河口の海に面した地域は「串本町」です。かつては「古座町」という町でした。
行政区が違うので「古座観光協会」とか「古座川町観光協会」とかがあって、知らない人には紛らわしいのです
696-4-A01.jpg 696-4-A02.jpg
そんな古座川はいくつか枝分かれしていてそれらが1つに合流して海に到達しています。
その古座川の支流の一つ「小川」流域から案内してみました。
小川は支流といってもそこそこ大きな川で、そしてその水の透明度には定評があります。

その小川流域の観光名所のひとつ「滝の拝」までの道のりを車中で話をしながら、空き家なんかは人が住んでない家はあるけど知らない人にすぐ売ったり貸してくれる家はなかなかないよ、とか、食料品の買い出しなんかは古座・串本あたりまで出て行くか、移動販売車が回ってきた時に買うようにするか、など地域事情の説明なども交えながら、696さんの考えも少しずつ聞いていく。
696-4-A04.jpg
696さん、以前は陶芸工房を開いていたが都合で閉鎖してしまったという。
そしていま一度本格的に再開しようという事で今度は煙も近所迷惑にならないような所を求めて新天地を目指すという・・・
芸術家ですか!?この人・・・
本人は「歌って踊れる陶芸家」とか言っていました・・・

いろいろ心配になる1031号・・・

そうだ、小川流域に話の合いそうな人がいた
そこで訪問させていただいたのが、藍染め工房のお宅。
Iさん夫妻が暮らしていて、奥さんが藍染めをやっていて、夫はオーディオケーブルのその道では有名な開発者?
今ではみなさんから、藍染めのI先生の旦那さんと呼ばれているという。 

 696-4-A03.jpg 
そこで696さん、Iさんご夫婦に招き入れられ旦那さん自慢のコーヒーを頂きながら、奥さんの染物を見学させていただきながら、お話を聞かせていただくことに。

若い芸術家が移住検討中と聞いて、Iさん夫妻はぜひ古座川へ、と勧誘。
和歌山では龍神村がそういう人たちの受け入れを積極的に行っていて徐々に芸術家系の方たちが集まりつつある。
Iさんも古座川に「工房団地」構想を描いているという。
いろんな技術を持った人達を古座川に集めてそういう町をつくったらいいんじゃないかと。

Iさん「定住センターの場所が最適だと思うんですよ、あそこつぶして工房団地つくりましょう。」
1031号「なるほど確かに古座川でも地理的にあそこ良いですね、あと広いし一面お花畑にしたいし。」
おいおい・・・

696-4-A05_20130125135449.jpg
Iさんご夫婦から移住に関する体験談やアドバイスなど聞かせていただいた696さん。

住むのは海側より山側で考えているという696さん、その滝の拝から上流にも人が住んでいる集落はあるがこれより奥に行くと暮らすにはちょっと不便だと言うと、滝の拝あたりでも相当山奥だと感じていたらしく、これ以上山奥はもううイイッス・・・
というので戻る事に。
しかし枝分かれして奥まった地区がある古座川案内を短時間で網羅するなど不可能、しかし来た道を戻るのも味気ないので普段案内しない山の中の道を通り抜け別の地区に行く事にした。
滝の拝から七川ダムに向かう山の中、そこにも少しですが人が住んでいる家がある。
696さんが、近所に煙が気にならないところがいいとか言ってたもんでそんなところも連れて行ってみた。
その道は土砂崩れもよくあり鬱蒼と茂った森の中。

696
「ボクあんまり寂しい所はちょっと・・・」

1031「え!? そうなんですか・・・」

いろいろ心配になる1031号・・・


とにかく古座川は広いのですぐに全部まわるのはとても無理、
残りはまた次回という事で七川ダムから古座川を下って定住センターに戻る。


まだまだつづく



↓↓↓↓↓↓↓ こっちも見てね
JOINブログ 

↓↓↓↓↓↓↓ランキング参加しています。ポチッとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 696さん-田舎暮らしに向けて | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。