スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
別れと新たなスタートの季節
2014/03/27(Thu)
今年度もあと数日で終わりです。

定住センターとも係わりのある県庁や市町村役場の方々も人事異動などで4月から顔ぶれも変わるところもあるでしょう。

我々も毎年の事ながらふるさと定住センターの業務受託は3月31日で契約は終わりですので、これでお別れになるかどうかというところですが、県からの公募に今年も参加し来年度の運営に立候補し先日選定が住んだ結果、
どうやら4月1日から来年度ももう1年間「ふるさと回帰支援センター」が業務委託を受ける事になりそうです。
(まだ契約が済んでいません)


そんなお別れの季節ですが・・・

突然ですが
コードネーム696の男、696さんが本日、
古座川を去ります。

古座川に移住してようやく基盤を築きあげてきたところですが
実家のやむを得ない事情で悩んだ末、実家に戻る事を決断されました。

いろいろありましたが
696さんも古座川の良いところも悪いところもひっくるめて忘れる事はないでしょう、
また将来、古座川を訪れる日がくるか
期待してみます。
(これでいよいよ古座川を衰滅させるわけにはいかなくなりました(笑))


696さんシリーズのブログ記事が完結する前に、お別れとなってしまいましたが
現実にいなかに移住して陶芸工房を立ち上げ地域に暮らした彼の軌跡を
もう少し紹介しておこうと思います。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。