スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
いきなり抜き打ち
2010/07/01(Thu)
 

今日、突然ナメコの先生が定住センターに乗り込んできたのです!!!
ナメコ先生「あの時のナメコどうなったんじゃあ!見せろや!!!」

0630A01.jpg 0630A02.jpg
昨年度の事業で、ヒノキの間伐材にナメコを植えつけて栽培する、というのをやって、その栽培が定住センターの敷地内で現在進行中だったのです。 →その時
その事業を指導してくれている先生が、久しぶりに近くにきたもんで、センターに抜き打ち視察に来た、という事です。

0630A03.jpg 0630A04.jpg
最初は木の断面に見える白い模様を見て、ナメコが育ってきたと喜んでいた先生でしたが、すぐにミドリ色の模様を見つけました。
こいつはキノコを食べるカビだそうです(緑色の物体)。
先生の見立てでは、つい最近まで順調にナメコが育っていたと、しかしこの暑さと乾燥でナメコが夏バテ状態、弱ったところをこのカビに襲われた、という事らしい。

0630A05.jpg 0630A06.jpg
とにかくマズイ事態・・・しかししょうがないからね、という先生。
とにかくどれぐらい広まっているか試しに木を割って中を見てみましょう、という事に。

0630A07.jpg 0630A08.jpg 
割ってみるとカビはともかく、思ったほどナメコが育っていないではないか・・・・・・

0630A09.jpg
どうしたらいいのか先生に尋ねると
ナメコ先生「今は何もしないでじっとガマン」

だいたい人工的にナメコにとって快適な環境を作るなんて無理な話だと
この定住センターの夏の過酷な暑さを十分知っている先生は端から無理だと密かに思っているらしい。
しかし先生には楽しみがあった。
じつはここ以外にも山の中の木陰にも同時にナメコを栽培しているのでした。
そっちが成功すれば、センターのが失敗でも実験成功ですよね。
やっぱり「センターの環境では無理でした、山ならOK!」みたいな結果になるのでしょうか?

まだ結果は出ていない、あきらめるな定住センターのナメコ、夏を乗り切れば可能性はある。



おまけ

ナメコ先生「あれ!?今日は108号の姿が見えないけど」
1031号「さっき108号は田んぼの草刈に出て行きました」
ナメコ先生「何!?居ないの!?肝心な時につかえねーな、ったく・・・・」

↓↓↓↓↓↓↓ランキング参加しています。ポチッとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 野菜・果物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハウスモロコシ | メイン | 三尾川のたんぼ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://teijyucenter.blog72.fc2.com/tb.php/321-61a91650

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。