スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
コードネーム696の男 第11話
2014/01/12(Sun)
3月(年度末)までになんとか完結させたい696さんシリーズ
現在の696さんの紹介まで行き着かないと意味がありませんね


前回までの696さん
696さん第一話
696さん第二話
696さん第三話
696さん第四話
696さん第五話
696さん第六話
696さん第七話
696さん第八話
696さん第九話 
696さん第十話 

 ハローワークから帰ってきた696さん。

じつはこの日は定住センターの「田舎暮らしサポート研修」の開催の日だった。
月に1回程度、年間約15回、参加費無料で開催しているその定住センターの研修は
和歌山県内に移住してきた人を対象に、田舎暮らしの知識知恵を習得してもらいながら地域の理解を深め、さらに他の人との交流を広げながらお友達も増やしていってもらおう、という欲張りな交流会なのです。
↓こういう感じ
例1
例2
例3

参加希望者には登録していただいて毎回案内状を送らせていただいております。

ただ開催場所がほぼ古座川町にある定住センターを中心とした地域なので、和歌山県内でも遠い所に住んでいる方は来るのが大変、参加者のほとんどは古座川町内とその近隣市町村の人です。
(現在、一番遠い所では日高川町から車で2時間以上かけて来られるご夫婦が一組います。)
紀南エリア 

その田舎暮らしサポート研修で、今回は古座川町のとある地区で菜の花の種を撒くというイベントがあり、そこに参加する事に。
主に紀南地方にIターンして生活している方々が集う日なので、696さんも情報収集にはちょうどいい機会。
696-10-C04.jpg 696-10-B01.jpg
みんなの前で紹介される696さん。 

696-10-C01.jpg 696-10-B02.jpg 
参加者の大半は定年を迎えた後ぐらいの年齢層。常連の人から時々参加の陽気なおじさんとかいろんな方が参加されます。
平日開催なので若い人は仕事務めなどで大抵参加できません。 
 
そこで696さんが参加者の中でも自分に一番歳の近そうな人を見つけ接近を試みる。
するとその人は依然通りかかった「誰もいない店」の店主さんでした。

696-10-C03.jpg 696-10-C02.jpg
自分も作業に参加しながらみんなの様子を伺う696さん。
多少の話は聞き出せたのかどうなのか、周りと打ち解け溶け込むのが早い696さんなので特に心配ない1031号
聞き取りしてたはずが逆にいつの間にか新聞記者に捕まり囲み取材を受ける696さん。


まだまだ続く


↓↓↓↓↓↓↓ こっちも見てね


Twitter ←田舎暮らし応援権わかやま推進会議のツイッター

↓↓↓↓↓↓↓ランキング参加しています。ポチッとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 696さん-田舎暮らしに向けて | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2013年度 そば 栽培結果 | メイン | 2014 七草粥>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://teijyucenter.blog72.fc2.com/tb.php/866-d4c8ac5f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。