スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
コードネーム696の男 第12話
2014/01/19(Sun)
定住センターの田舎暮らしサポート研修に顔を出してみて、古座川近隣地域に定住している方々と畑作業しながらいろいろ話を聞いてみた696さん。
 
前回までの696さん
696さん第一話
696さん第二話
696さん第三話
696さん第四話
696さん第五話
696さん第六話
696さん第七話
696さん第八話
696さん第九話 
696さん第十話 
696さん第十一話


翌日は696さんは一人で串本のハロ-ワークに行ってくるというので、こちらは昨日聞いた陶芸をやっているという串本町の人に連絡をとってみた。
696さんの事を話すとその日のうちに訪問を受け入れてくれるというので慌てて696さんに電話してみる。
その日は午前中は自由行動にしてあり、翌日は既に訪問研修の予定が組まれてあったので、696さんもハローワークの用が済んでからその方を今日中に訪問する事にした。

696さんと待ち合わせをしてその方のお宅を訪問。
696-11-A01.jpg  
快く迎え入れていただいた696さん。
696-11-A02.jpg 696-11-A03.jpg 
屋敷の中で焼き物や電気窯を見せてもらいながらまたまた話を聞き出してみる。
696-11-A04.jpg 696-11-A05.jpg
そして実は家からかなり離れた場所に登り窯もあるという。
聞くと隣町のすさみ町内にあるらしい・・・

696さんもいずれは登り窯を作るつもりにしているという。
そこで登り窯も見せていただけるか聞いてみると、後日日曜日なら連れて行けると言ってくださったのでお言葉に甘えて行く事にした。
696さんは今回は1週間ほどこちらに滞在する予定なのでギリギリ可能。
 

その日はそれから定住センターにもどり、108号の指導で畑でトラクターの体験、さらに草刈り機使用で草刈り体験までやったのでした。
(過密スケジュールですね)
特に農業に携わっていない人でも、草刈り機(刈り払い機)は農山村地域では住宅周辺、庭、道路などの維持管理には欠かせない道具です。
草を刈らないと短期間であっというまに雑草が茂り、人間のテリトリーを占領されてしまいます。
普段は個人個人で家の周りを綺麗に草刈りをし、さらに地域ごとにみんなで集まって地区の草刈りなんかやったりします。
これを鎌で手刈りするのはかなりの重労働、やはり草刈り機があったほうが助かります。
しかし正しい取扱いをしないと命に係わる怪我をするような危険な機械なので、しっかり使い方を学んでおく方がいいのです。

というわけで陶芸家の696さんも草刈り機の使い方を実際に体験してもらいました。


翌日は予約してあった方の家を訪問です。

まだまだ続く。



↓↓↓↓↓↓↓ こっちも見てね


Twitter ←田舎暮らし応援権わかやま推進会議のツイッター

↓↓↓↓↓↓↓ランキング参加しています。ポチッとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 696さん-田舎暮らしに向けて | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コードネーム696の男 第13話 | メイン | 2013年度 そば 栽培結果>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://teijyucenter.blog72.fc2.com/tb.php/867-8778672c

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。